歯の治療にも保険が効く例もある

歯の治療にもいろいろなパターンがありますが、いま注目されているのがインプラントです。インプラントなら、見た目は自分の歯と変わらず、かみ合わせにも支障がなく済みます。また、美しい歯にもなるので人気があります。平成24年4月より保険適用に変わりました。これからさらに人気が高まってくるでしょう。美容目的ではなく、治療でその方法が必要な場合は、生命保険の補助が出ることもあります。例えば事故などで歯を失った場合などでは、運営会社からの給付が受けられる可能性があります。積極的に活用するのがおすすめとなりますcash advance through our simple online application process

インプラントとはどんなものか

インプラントとは人工歯根の事で第二の永久歯とも呼ばれています。虫歯や事故などで歯を失った所に埋め込み、その上に人工の歯を取り付けます。ブリッジや入れ歯とは異なり、健康な歯を削る必要も無く、違和感が少なく安定も良いと言われています。一般的にインプラント治療は、保険の給付対象外ですが、先進医療に認定された指定の医療機関で治療する場合、給付の対象になる場合があります。ただ、先進医療特約を付加できるプランを提供している生命保険会社は限られていますので、注意が必要です。特約を付加しても条件を満たさないと給付対象外になる場合があります。厚生労働省のHPにも先進医療についての条件などが記載されています。給付が受けられるか、よく確認する事をおすすめします。

お知らせ

2013-03-14 医療保険の運営会社が追加されました。
2013-03-11 保険の選択と相談が追加されました。
2013-03-11 移動する物の保険が追加されました。
2013-03-11 対人トラブルへの保険が追加されました。
2013-03-11 トップページが追加されました。

保険の適用範囲の情報